ジャンル別目録


宗教

変わるイスラーム
源流・進展・未来

商品の詳細

変わるイスラーム

  • レザー・アスラン
  • 白須英子 訳
  • A5上製 400ページ
    ISBN-13: 9784894346765
    刊行日: 2009/03
  • 定価: 5,184円

13ヶ国で翻訳、世界が注目するイスラーム世界の新鋭の処女作!

民主主義の多様性
いま起きているのは、西洋近代民主主義とイスラームの「文明の衝突」ではない。イスラームの「内部衝突」と「宗教改革」であり、その民主化の手がかりは「イスラーム」の再定義にこそある。1972年生まれの若きムスリムが、博識と情熱をもって、イスラームの全歴史を踏まえつつ、多元主義的民主化運動としての「イスラーム」の原点を今日に甦らせる!

購入数:

目次

日本語版への序文

プロローグ 一神教徒同士の衝突

マラケシュ行きの夜行列車で / 宗教とは何か? / イスラーム世界に内在する葛藤

イスラーム関連年表
イスラーム世界地図

第1章 砂漠の聖所 (サンクチュアリ) ――イスラーム勃興以前のアラビア

6世紀のアラビア半島 / 紀元前から崇められていた神 (アッラー) / ユダヤ教・キリスト教・ゾロアスター教のはざまで / ヒジャーズの一神教運動 / 時代の申し子ムハンマド誕生

第2章 鍵を握る人物 ――マッカのムハンマド

カアバ聖殿をめぐる宗教・経済システム / 格差社会の孤児ムハンマド / 社会改革者への神の声 / 部族社会と対立する 「神の使徒」

第3章 預言者の町 ――最初のムスリムたち

砂漠のオアシスに向かう預言者 / 聖遷以前のヤスリブ / ムスリム・コミュニティーの形成 / 画期的な平等制度 / 女性の尊重 / 男性によって歪められた 「言行録 (ハディース)」 の解釈 / ムスリム世界の女性進出

第4章 神の道のために戦え ――ジハードの意味

「ウフドの戦い」 / イスラームは 「戦う宗教」 という誤解 / ジハード思想の歪曲 / ムハンマドは何のために戦ったのか? / 啓典の民との関係 / カアバ聖殿の浄化

第5章 正しく導かれた者たち ――ムハンマドの後継者たち

最後の礼拝 / 預言者死後の混乱 / 後継者をめぐる権力闘争 / 岳父アブー・バクルと親族の確執 / 版図を広げた軍司令官ウマル / クルアーンをまとめたウスマーンの功罪 / 信者たちの司令官アリーの党の形成と内乱 / 「ウンマ」 の分裂とイスラーム学者の台頭

第6章 この宗教は一種の学問である ――イスラーム神学・法学の発達

9世紀の異端審問 / 宗教的権威者の台頭 / 制度化された宗教 / 合理的解釈と伝統的解釈 / 奇跡を実感させる言葉 / クルアーンの解釈をめぐる問題 / 社会の進化とイスラーム法

第7章 殉教者の足跡をたどる ――シーア派形成からホメイニー台頭まで

カルバラーの悲劇 / 反ウマイヤ朝決起 / 抑圧に対して正義のために戦ったシーア派 / ホメイニーの権力掌握のからくり

第8章 祈祷用マットをワインで染めよ ――スーフィーの修行道

ライラとマジュヌーン / 浮世の虚飾から離脱したスーフィズム / 自我消滅の階梯 / 神の想起

第9章 東方の目覚め ――植民地主義への反発

「インド大反乱」 / ままならないイスラーム再興運動 / 「ムスリム同胞団」 の挫折 / 急進的イスラーム主義者クトゥブ / 歴史の流れを変えたワッハーブ派とサウディアラビア

第10章 マディーナへの重い足どり ――イスラームの宗教改革

20年ぶりのテヘラン / イラン・イスラーム革命とは何だったのか? / 民主的イスラーム国家は実現するか? / 非宗教化 (セキュラリゼイション) と非宗教主義 (セキュラリズム) のちがい / 宗教的多元主義の理想

用語解説
原 注
参考文献
訳者あとがき
索 引

関連情報

著者紹介
レザー・アスラン(Reza Aslan)ライター、宗教学者。1972 年テヘラン生まれ。
サンタ・クララ大学で宗教学を学んだあと、ハーヴァード大学神学大学院およびアイオワ大学創作学科小説部門で修士号、同大学でトルーマン・カポーティ基金小説部門の特別研究員および中東・イスラーム学の講師を務めたあと、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校で宗教史の博士号を取得。カリフォルニア大学リバーサイド校創作学科助教授。CBS ニュース、ナイトラインなどのTV 番組の中東アナリストを務め、『ロサンゼルス・タイムズ』『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』『シカゴ・トリビューン』『ネーション』などにも寄稿。
著書:How to Win a Cosmic War: God, Globalization, and the End of the War on Terror(Random House,2009)、さらにWords Without Borders: Writings from the Middle Eas(Norton,2010) が出版を予定されている。