ジャンル別目録

竹山道雄セレクション


竹山道雄セレクション(全4巻)

第Ⅰ巻 昭和の精神史
[解説]秦 郁彦 [竹山道雄を読む]牛村 圭
(第1回配本/2016年10月)
第Ⅱ巻 西洋一神教の世界
[解説]佐瀨昌盛 [竹山道雄を読む]苅部 直
(第2回配本/予2016年12月刊)
第Ⅲ巻 美の旅人
[解説]芳賀 徹 [竹山道雄を読む]稲賀繁美
(第3回配本)
第Ⅳ巻 主役としての近代
[解説]平川祐弘 [竹山道雄を読む]大石和欣
(第4回配本)

[編集]平川祐弘
[解説]秦 郁彦・佐瀨昌盛・芳賀 徹・平川祐弘
[寄稿]牛村 圭・苅部 直・稲賀繁美・大石和欣

《体裁》
四六上製
平均各600頁・各巻口絵2頁
定価=各予本体4800円+税
2016年10月発刊(隔月刊)
◎単行本・著作集に未収録の論考を積極的に収録するとともに、現代的意義の大きい論考は、著作集からも精選して収める。
◎各巻に、竹山の薫陶を受けた最適任者による「解説」と、竹山と直接に接していない世代による「竹山道雄を読む」というエッセイを掲載。


■発刊によせて
 竹山道雄(1903~84)は『ビルマの竪琴』の著者として知られるが、昭和日本の最高の知欧派であった。竹山セレクションを読めば西欧と日本の政治・社会・美術など一望のもとにおさめることが出来る。
 ドイツ人の家に寄寓して東大へ通った秀才は、独文科を出るや、独仏に留学、駒場の一高教授として天下の秀才を教えた。書物や新聞のみか、外人男女との日々の接触を通して世界を把握した竹山は、ナチスのホロコーストを中世スペインのユダヤ人迫害の再来と捉えた。1940年に発表したドイツ批判の大論文は戦時下日本になお存した知的自由の証しとして偉観だが、西洋一神教の世界の仮借なさを認識した竹山は、戦後は左翼全体主義を批判し雑誌『自由』を主宰した。
 竹山が昭和で果たした知的指導者としての役割は、明治・大正の鷗外に近い。今日、海外渡航はいとも容易だが、外国へ出向いて竹山のようにその中に入り込める人は稀であろう。竹山は美の、心の、言葉の旅人だったが、その文章は平明で奥深い。竹山道雄こそ若き知的エリートが心して読むべき昭和の教養古典である。
編者 平川祐弘

Takeyama.jpg

1から4 を表示中 (商品の数: 4)

昭和の精神史
竹山道雄セレクション(全4巻) 第1巻

昭和の精神史

発刊! 今こそ求められる「真のリベラリスト」の論考を精選。

竹山道雄
四六上製 576ページ
ISBN-13: 9784865780949
刊行日: 2016/10
定価: 5,184円

詳細ページへ 購入する

西洋一神教の世界
竹山道雄セレクション(全4巻) 第2巻

西洋一神教の世界

ナチズム及びソ連・東欧の共産主義体制の根底をつらぬく、異教を排除する「力と力の論理」を看破した問題作。

竹山道雄
四六上製 592ページ
ISBN-13: 9784865781069
刊行日: 2016/12
定価: 5,184円

詳細ページへ 購入する

美の旅人
竹山道雄セレクション(全4巻) 第3巻

美の旅人

美を見わける術を心得た旅の達人の足跡。シリーズ完結!

竹山道雄
四六上製 616ページ
ISBN-13: 9784865781229
刊行日: 2017/05
定価: 6,264円

詳細ページへ 購入する

主役としての近代
竹山道雄セレクション(全4巻) 第4巻

主役としての近代

単行本未収録の貴重なコラムを初めて集成した、読者必携の一巻。

竹山道雄
四六上製 616ページ
ISBN-13: 9784865781137
刊行日: 2017/02
定価: 6,264円

詳細ページへ 購入する

1から4 を表示中 (商品の数: 4)

新着商品 - 全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか


おすすめ商品 - 全集・著作集・シリーズ・セレクション ほか



入荷予定商品

下記の商品は、近々、入荷の予定です。

品名 予定日
在日二世にむけて 2018/09/20