2010年06月01日

『機』2010年6月号

目次

前号   次号

俳壇/歌壇の二大巨人が語り明かした対話録
俳句/短歌をつなぐもの 金子兜太+佐佐木幸綱

19世紀の刷新は身体に何をもたらしたか?
区別される身体 A・コルバン

バブル崩壊から今日までの国際・日本美術市場の全貌
一億ドルのピカソ絵画とは? 瀬木慎一

「弱い日本」幻想はどのようにして生まれたか?
「戦後」というイデオロギー 高 榮蘭

幕末維新から平成まで、日本人の遺書を集大成
大西瀧治郎 合田一道

リレー連載・今、なぜ後藤新平か 57
後藤新平と新渡戸稲造 内川永一朗

リレー連載・いま「アジア」を観る 89
歴史研究とナショナリズム 富田武

連載・『ル・モンド』紙から世界を読む 87
言語 アイデンティティの根元 加藤晴久

連載・女性雑誌を読む 26
前期『女人芸術』(7) 尾形明子

連載・生きる言葉 38
大人の思考力 粕谷一希

連載・風が吹く 28
『室内』――山本夏彦氏7 山崎陽子

連載・帰林閑話 186
入れ歯 一海知義