2008年08月01日

『機』2008年8月号

目次

前号   次号

自治と現代社会の諸問題を読み解く
モノと後藤新平   養老孟司

「『決』とは極める意」  塩川正十郎

「後藤新平の『地方自治』は新鮮」  片山善博

哲学者・鶴見俊介による、初の鶴見和子論!
<座談会>鶴見和子を語る

吉田茂がもたらした「戦後政治体制」の逆説とは?
「官邸主導」の模索の歴史的起源 村井哲也

生まれ育った地・津軽と始祖の地・朝鮮。デビュー第一作。
ふたつの故郷  朴才暎

リレー連載・今、なぜ後藤新平か 36
偉大な行政官‐構想力と実行力  榊原英資

リレー連載・いま「アジア」を観る 68
「世界史の哲学」とアジア  岡田明憲

連載・『ル・モンド』紙から世界を読む 66
六年四ヶ月九日  加藤晴久

連載・女性雑誌を読む 5
『女性改造』(五)  尾形明子

連載・生きる言葉 17
慶喜をどう評価するか  粕谷一希

連載・風が吹く 7
素人劇団“樹座”(四)‐遠藤周作氏‐  山崎陽子

連載・帰林閑話 165
杖を曳く  一海知義