2007年01月01日

『機』2007年1月号

目次

前号   次号

「内発的発展」を提唱した社会学者、鶴見和子の遺言。
二つの遺言 鶴見和子

「民俗学」と「歴史学」の相互越境を目指す東西巨人との対話。
民俗学と歴史学 赤坂憲雄

巨人の思想を一望し、その仕事術のすべてを明らかにする!
ブルデュー社会学への招待 ピエール・ブルデュー/L・ヴァカン

世界の中で二・二六事件はどう報道されたか。
二・二六事件とは何だったのか 渡辺京二

“政党―官僚関係”の構造と歴史を初めて読み解く!
政党と官僚の近代 清水唯一朗

【リレー連載】今、なぜ後藤新平か 17
ロシアから見た後藤新平 ワシーリー・モロジャコフ

【リレー連載】いま「アジア」を観る 49
危機感と希望 高良 勉

『ル・モンド』紙から世界を読む 47
世代間の断層 加藤晴久

【連載】triple ∞ vision 68
熊野、梛の葉、…… 増剛造

【連載】帰林閑話 146
幸徳秋水と漢文 一海知義

【連載】GATI 84
天空を駆ける羽毛の蛇「ケツァルコアトル」 ――マヤ文明を庇護した蛇神ククルカンの系譜/「龍と蛇」考⑥―― 久田博幸