2004年03月01日

『機』2004年3月号

目次

前号   次号

フランス最後の哲学者、待望新著の完全訳
「哲学の再開」を宣言〈インタヴュー〉 アラン・バディウ

水俣病を総合的に捉える新しい学としての「水俣学」の誕生
「水俣学」の誕生 原田正純・花田昌宣

「9・11」以後の乱世を生きぬくために
複数の東洋/複数の西洋 武者小路公秀+鶴見和子

“環境問題”から浮かび上がる科学者・政策立案者・市民のあるべき姿を追求
物理・化学から考える資源環境問題  ――科学する市民になるために―― 白鳥紀一

【連載】『ル・モンド』紙から世界を読む 14
無知な輩に相撲はわからない 加藤晴久

【連載】triple ∞ vision 35
小津安二郎、変な感じ 吉増剛造

【リレー連載】いま「アジア」を観る 14
アジア史における「長期の一九世紀」 杉原薫

【連載】思いこもる人々 36
懐かしい日本文学研究者 M・メラノヴィッチ教授 岡部伊都子

【連載】帰林閑話 113
「学問」という言葉(一)  一海知義

【連載】GATI 51
犀の角のようにただ独り歩め  一角犀は中国で、空想上の動物・麒麟にすり替わった/「飛翔」考 1  久田博幸

【リレー連載】いのちの叫び 63
現代文明のリハビリ  柳田邦男

東京河上会04年総会報告