2001年06月01日

『機』2001年6月号

目次

前号   次号

日記、手帳、創作ノート公刊によって今明かされる大作家の全貌――『作家の戦中日記』遂に公刊! 野間宏没十年に想う
野間宏先生の顔  高 銀

真砂町のころ  大庭みな子

野間宏『戦中日記』初読の衝撃  尾末奎司

証券市場主導経済の謎に迫る『金融の権力』刊行!
市場は自己攪乱的に機能する ――コンベンション理論とインターネット株ブーム――  A・オルレアン

いま「社会科学」を問い直す〈内田義彦セレクション〉刊行中!
社会科学を「溶かす」こと ――内田義彦の学問世界――  山田鋭夫

女性史から女と男の関係史へ――『歴史の中のジェンダー』今月刊行!
『女の歴史』が対象とするもの(上) ――表象と現実、その架橋にむけて――  小林亜子

連載・triple ∞ vision 5
夾竹桃のある枝が言った(高銀)  吉増剛造

連載・思いこもる人々 6
心の血縁 丸岡秀子先生  岡部伊都子

リレー連載・バルザックがおもしろい 30
出版業界小説を読んで  粕谷一希

リレー連載・内田義彦とわたし 7
個の中にある社会  遠藤郁子

新連載・編集とは何か(第2期) 6
執筆契約について  寺田 博

連載・帰林閑話 83
幸徳秋水の絶筆  一海知義

連載・GATI 21
インドシナ戦争で最も犠牲を払ったモン族 歴史の闇に葬られた悲劇の民は、アメリカ、仏領ギアナ、豪州タスマニアへ離散した   久田博幸

リレー連載・いのちの叫び 33
死が問いかけるもの  柳原和子

リレー連載・古本屋風情 17
東京・早稲田 ヤマノヰ本店