『機』2002年11月号:日本思想の母胎 北沢方邦

前号   次号 津田左右吉、丸山眞男をはじめとする従来の日本思想を根底から覆す! 感性の知としての思想  近代科学はいたるところで破綻し、その限界を露呈しつつある。自然科学の根幹をなす数学が、自然現象の基本にある非線形性 […]

『機』2002年11月号

目次 前号   次号 エミール・ゾラ没百年記念出版、読者待望の選集、11月刊行開始! いま明かされるゾラの全貌  ──〈ゾラ・セレクション〉発刊に寄せて── 宮下志朗 特別寄稿 石牟礼道子新作能「不知火」   ──エコロ […]

『機』2002年11月号:沖縄の百年をめぐる激論  ──シンポジウム「二十一世紀 沖縄のグランド・デザインを考える」報告── 松島泰勝

前号   次号 十二世紀古琉球時代から現在までの沖縄経済思想史を初めて描ききる。過去の沖縄経済思想が持っていた「内発的発展論」と「海洋ネットワーク思想」の緻密な史的検証を通して、今、基地依存、本土からの援助依存をのりこえ […]

『機』2002年10月号

目次 前号   次号 二千年の日朝関係史の中で「在日」の存在を捉え返す!『環』第11号刊行! 「歴史のなかの「在日」」 上田正昭/姜尚中/杉原達/朴一 「「在日」を生きる」 金時鐘+尹健次 女性学の最新成果を知る最良の『 […]

『機』2002年10月号:「女性学の新しい解読装置」 H・ヒラータ、F・ラボリ、H・ル=ドアレ、D・スノティエ

前号   次号 女性学の最新成果を知る最良の書『読む事典・女性学』今月刊行! 批判的事典  このすこし特殊な事典の目的は、以下のとおりである。じっさいこの著作は、フランスでは、この種のタイプとしては初めてのものだが、これ […]

『機』2002年10月号:「残された最後の大物」 宮下志朗

前号   次号 ゾラ没後百年記念出版(全11巻・別巻1)発刊迫る!  ゾラは、すぐれた都市路上観察者である。たとえば「引き立て役」という大好きな短編があって、それはモダンな都会を遊歩することの快楽は、まなざしの交差によっ […]

『機』2002年10月号:「“現代”を描いた最初の作家」 小倉孝誠

前号   次号 “現代”を描いた最初の作家 小倉孝誠  エミール・ゾラは近代ヨーロッパを代表する小説家のひとりである。記念碑的な『ルーゴン=マッカール叢書』全二十巻の作者、自然主義文学の領袖、そしてドレフュス事件に際して […]

『機』2002年10月号:「民衆史の同志として」 色川大吉

前号   次号 〝魂と気迫〟の歴史家齊藤博の未完の論考を収めた『齊藤博史学集成』刊行! 新分野を切り拓くための同志  私が齊藤博さんと逢ったのは、彼が早稲田大学の大学院生のころ、経済史の正田健一郎ゼミが三多摩の文書調査を […]

『機』2002年9月号

目次 前号   次号 各社会経済の多様性を無視するグローバリズムの虚妄を徹底的に暴く!『脱グローバリズム宣言 ──パクス・アメリカーナを越えて』刊行! 「世界化」(モンディアリザシオン)はグローバリゼーションではない ロ […]