石牟礼道子

ことばの奥深く潜む魂から“近代”を鋭く抉る鎮魂の文学

石牟礼道子(いしむれ・みちこ)

1927年、熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。2018年歿。
1969年に公刊された『苦海浄土』は、水俣病事件を描いた作品として注目され、第1回大宅壮一ノンフィクション賞となるが、辞退。1973年マグサイサイ賞、1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年度朝日賞を受賞する。2002年度は『はにかみの国――石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2002年から、初作品新作能「不知火」が、東京・熊本・水俣で上演される。石牟礼道子の世界を描いた映像作品「海霊の宮」(2006年)、「花の億土へ」(2013年)がある。
『石牟礼道子全集 不知火』(全17巻・別巻1)が2004年4月から刊行され、10年の歳月をかけて2014年5月完結する。この間に『石牟礼道子・詩文コレクション』(全7巻)が刊行される。『葭の渚――石牟礼道子自伝』『不知火おとめ』『石牟礼道子全句集 泣きなが原』(俳句四季大賞)他、作品多数。

既刊

苦海浄土 全三部
[解説]赤坂真理・池澤夏樹・加藤登紀子・鎌田慧・中村桂子・原田正純・渡辺京二

完本 春の城
[解説]田中優子・赤坂真理・町田康・鈴木一策

花の億土へ

葭の渚 石牟礼道子自伝

無常の使い

石牟礼道子全句集 泣きなが原

石牟礼道子全集・不知火
(全17巻・別巻一)

不知火 石牟礼道子のコスモロジー
石牟礼道子・渡辺京二・大岡信・イリイチ ほか

最後の人 詩人 高群逸枝

不知火おとめ 若き日の作品集 1945-1947

花を奉る 石牟礼道子の時空

言 魂
多田富雄+石牟礼道子

詩 魂
高銀+石牟礼道子

言葉果つるところ
鶴見和子+石牟礼道子

水俣の海辺に「いのちの森」を
宮脇昭+石牟礼道子


米良美一+石牟礼道子

石牟礼道子・詩文コレクション
(全7巻)

関連書

〈DVD〉花の億土へ
〔出演〕石牟礼道子 〔監督〕金大偉

〈DVD〉海霊の宮 石牟礼道子の世界
〔出演〕石牟礼道子 〔監督〕金大偉

〈DVD〉しゅうりりえんえん 水俣 魂のさけび
石牟礼道子・自作品朗読 [付]道行/花を奉るの辞
〔出演・朗読〕石牟礼道子 〔監督〕金大偉

〈DVD〉光凪 花を奉る
石牟礼道子の世界Ⅰ
〔出演〕朗読:佐々木 愛/尺八演奏:原郷界山/ピアノ演奏:金大偉

〈DVD〉原郷の詩
石牟礼道子の世界Ⅱ
〔出演〕朗読:佐々木愛/歌と講演:上條恒彦/尺八演奏:原郷界山/ピアノ演奏:金大偉

関連情報

・7/13(金)追悼・石牟礼道子さん「石牟礼道子と出逢う part2」開催!
・6/23(土)~29(金)ポレポレ東中野での映画「花の億土へ」アンコール上映決定!
・3/11(日)追悼・石牟礼道子さん「石牟礼道子の宇宙(コスモス)」開催!